2011年9月18日日曜日

エフタは帰ってきた。

賀茂教会のゲストスピーカーはいつも”超”豪華であることはよく知られていますが、今日は校務で群馬県へ行かれている野本先生に代わって、賀茂教会には同志社女子大学教授の中村信博先生が来て下さいました。

中村信博先生

本日の説教箇所は士師記11章34-36節の、エフタがアンモン人との戦いに勝利してミツパへ帰ってきたところです。

34:エフタがミツパにある自分の家に帰ったとき、自分の娘が鼓を打ち鳴らし、踊りながら迎えに出て来た。彼女は一人娘で、彼にはほかに息子も娘もいなかった。
35:彼はその娘を見ると、衣を引き裂いて言った。「ああ、わたしの娘よ。お前がわたしを打ちのめし、お前がわたしを苦しめる者になるとは。わたしは主の御前で口を開いてしまった。取り返しがつかない。」
36:彼女は言った。「父上。あなたは主の御前で口を開かれました。どうか、わたしを、その口でおっしゃったとおりにしてください。主はあなたに、あなたの敵アンモン人に対して復讐させてくださったのですから。」
ここだけ読むとよく分からないかもしれませんが、この箇所の少し前でエフタは神に対し、「もしアンモン人に勝利して無事に帰ることができたら、自分の家の戸口から(最初に)迎えに出てきた者をあなたのものとして、焼き尽くす献げ物にします」と誓っています。

そうして、家に帰ってきたエフタを迎えに出てきたのが一人娘だったのです。
さらに、自分が神への「焼き尽くす献げ物」になることを知ったエフタの娘は、「おっしゃったとおりにしてください」と受け入れているのです。

説教題に「悲しみの絆」とあるように、中村先生は「絆」をキーワードとして士師記のこの箇所から、エフタ(父)と娘の深い絆と、その先にある、ひとり子イエスを十字架に掛けられた神(父)の愛について解き明かして下さいました。

ところで、説教の冒頭では、新しくできた女子大の中庭の名称が在学生を対象にした公募によって、ラテン語で「絆」を意味する「『Vinculum』の庭」と名付けられたことが紹介されましたのですが、こんな素敵な名前を思い付いた学生さんは凄いなぁ〜、と思わず感心してしまいました。


礼拝後、中村先生は昼食会まで残って下さいました。とても楽しいひと時でした。

昼食会の様子

今日はさらに嬉しいことに、i子さんが手作りのかぼちゃパウンドケーキをたくさん作ってきて下さいました。(かぼちゃは北海道産だそうです。)
パウンドケーキのトッピングにあるジャリッとしたお砂糖の部分が美味しかったです!(長崎のカステラの底に敷いてあるざらめのような感じです。)




i子さんお手製のかぼちゃのパウンドケーキ


手作り以上に美味しいものはないですね。(文責 木谷佳楠)


週報です。